事業税の申告は節税効果の高い青色申告がオススメ!

青色申告って何?誰でも使えるの?

青色申告とは、事業税を収める必要のある人(主に自営業者やフリーランス)が選ぶことのできる納税申告方法の一つです。メリットとしては、青色申告特別控除(最高65万円)が受けられたり、赤字を三年間繰越可能、また家族を従業員にする事(条件あり)で給与を支払い、それを計上する事等が可能です。非常に節税効果の高い申告方法と言えるでしょう。

青色申告を利用するために必要なのは?

青色申告を利用するためには、まず最寄りの税務署に「所得税の青色申告承認申請書」を提出する必要があります。こちらは一度提出して認可されればその後半永久的に効力がありますので、再度提出する必要はありません。また、青色申告にて65万円の特別控除を受ける場合は複式簿記にて申告する必要がありますが、昨今の会計ソフトは非常に優秀なため、それを利用すればそれほど手間はかからないでしょう。また、ソフトではなくWeb上でのクラウド会計ソフトも最近は人気を博しています。

白色申告と青色申告、どっちがおトク?

個人的には、断然青色申告(複式簿記)だと思います。複式簿記を手動でつけようとすると複雑なため非常に大変なのですが、前述した通り最近の会計ソフトは非常に便利に作られているため、取引を入力するだけで必要書類を全て自動で作成してくれます。それでいて税制上の多大な恩恵を受ける事ができますので、青色申告(複式簿記)を選ばない手はないと思っています。ただ、開業後間もない自営業者に関しては、帳簿の記載になれていないため、最初は白色申告から始めても良いのかもしれません。

青色申告とは複式簿記により日々の取引を記録している事業主が所得を申告する制度で、事前の申請が必要となっています。申請を行っていない事業主が行う白色申告と比べて、制度上いくつかの点で優遇されています。