どんな色・柄を選んだらいいの!?カーテンの選び方に困った時のワンポイント

カーテン選びはお部屋の印象を大きく左右する!

カーテンを選ぶ際に、どんな色や柄のものを選んだらいいか、迷ってしまいますよね。あまり深く考えずに自分の好きな色や、その時の気分で選んだりするという人も多いのでは?

でもカーテンの色や柄は、お部屋の雰囲気や他のインテリアとの相性をよく考えて選ばないと、何故かカーテンだけが部屋から浮いてしまった!ということにもなりかねません。

カーテンはインテリアの中では大きな面積を占める部分なので、ソファやテーブルなどの他の家具とのマッチングを考えて選ばないとちぐはぐな印象になってしまいますよ。「カーテンはインテリアの一部」ということを常に意識して選ぶようにしたいですね。

カーテンの色・柄を選ぶポイントは?

カーテンを含めた家具などのインテリアの色がお部屋の中で占める割合は、およそ25%程度とされています。70%が部屋の壁や天井、床の色で、残りの5%程度はクッションや花瓶などの小物類。

壁や天井の色などのベースカラーは簡単に変更ができませんので、インテリア類もこのベースカラーにあった色や柄を選択したほうが調和が取れます。カーテンはインテリアの中では大きな部分を占めるため、選び方によってお部屋の印象が大きく変わってきます。

他のインテリア類の色と同系色の色・柄を選ぶようにすると落ち着いた印象の部屋。逆に反対色を選べばメリハリの利いた印象になって、明るいイメージが生まれます。

ただしカーテンは他のインテリア類と違い簡単に取替えができますので、いろいろな色や柄のものをそろえて気分によって変えて見るのも良いかもしれませんね。

いかがでしたか?カーテンはインテリアの一部。素敵なカーテンを選んで、上手にお部屋をコーディネートしていきましょう!

お部屋の間仕切りにのれんやブラインドも良いですが、ひもカーテンは目隠しになりつつ、さらりとくぐれて移動が楽なところが良いです。