個人でウェブサイトの運営を始める場合はこんな点に気を配ろう!

人を傷つける題材や反社会的なテーマには注意

レンタルサーバーを借りて個人のウェブサイトやブログを運営する場合、どういった点に気を配ればいいのでしょうか。まず、重要なのはサイトでなにを表現するかです。普段の出来事を書くのか、それとも創作した物語を載せていくのか、あるいは自分が撮った写真を掲載していくのか。基本的にどのようなものを載せても自由ですが、人を傷つける可能性がある題材、あるいは反社会的なことなどは避けた方が無難です。炎上につながりますし、そうすれば、サイト上で個人情報を載せていなくても身元を突き止められる可能性があります。

次に、どういった人たちに読んでほしいのか、読者のターゲットをある程度、想定するといいでしょう。身内だけに読んでほしいのか、それとも、できるだけたくさんの人に読んでほしいのか。後者であればSEOを意識したサイトを作る必要が出てきますし、宣伝もしなければなりません。

本名でのサイト運営は避けた方が無難

ちょっとしたことですが、ウェブサイトのタイトルや自分の名前も重要です。できるだけ目立たせて、人を呼び込みたいと考えているのであれば、タイトルは独創的なもの、あるいはテーマがわかりやすいものにした方がいいでしょう。サイト上で自分のことをどう表記するのかは、後々、トラブルにつながる可能性があるので慎重に決めないといけません。たとえば、本名でブログを運営して炎上してしまった場合、非常にやっかいなことになってしまいます。

そのため、自己宣伝のためにウェブサイトの運営を始めるのだとしても、名前はハンドルネームにしておいた方が無難です。

多言語サイトとは一つのWEBサイトを複数の言語に対応させたもので、人の手によって翻訳されたものと、機械によって自動的に翻訳されたものの大きく二通りがあります。