収納は家族目線で場所をきめよう

自宅で倉庫がある場合や、納戸自体を倉庫代わりに使用している家庭も多いですよね。また家族それぞれが普段使用しない物を、倉庫にまとめて収納している場合もあります。そんな時に重要なのが、収納場所は家族の目線で決めるというポイントがありますよ。家族によって一番めに付く目線の高さには違いがありますよね。子供や低い位置にし父親は高い位置など、より本人が使用しやすい目線に合わせて収納場所を決めるとよいですよ。

利用しやすく収納しやすいようにしよう

倉庫は普段使わない物を保管する場所となりますが、全く使わないと言うわけではありませんよね。必要な時には取りだして使う事になります。そのため収納していても使う事を考えて取り出しやすくしておくことが大切ですよ。同時に使い終わった後にまた簡単に収納できるということも大切ですよね。そのため倉庫であっても収納ケースなども活用して、保管していながらも使いやすさや収納しやすさを考えて利用するのが大切ですね。

目で見て判断出来るようラベルをつけよう

家族の倉庫として荷物を保管する場所は、普段はなかなか使用しませんよね。また保管するだけなのでそのまま何もせずに倉庫においてしまうことも多いでしょう。ですが何も目印がない状態で保管していると、いざ必要な時に何処に何があるのかまったくわからないという事になってしまいます。特に収納ケースを使用していても何も目印がなければ、全てのケースの中身を開けて確認が必要になってしまいますよね。そのため中身は何なのかをわかるよう、必ずラベルや札などを使用して目印をつけることがポイントですよ。

メーカーにとって物流コストは悩みの種です。外部物流業者に業務を委託し(3PL)、物流コスト削減を目指しましょう。