自営業で仕事を続けるために

自営業のやり方で大事なのは長く続く仕事にすることです。自営業はサラリーマンと違って、毎月給料がもらえる訳はではありません。そこで大事になるのが仕事をし続けることなのです。そのためには顧客の種類を多く持っているといいでしょう。同じような業種から仕事をもらっていると、その業種の景気が悪化したら、引っ張られて自分まで仕事がなくなるからです。いくつかの業種から仕事を受けていれば、その心配がなくなります。保険を掛けているようなものです。いくつかの業種から仕事を受けるのが難しい場合には、数社から仕事を受けるようにしましょう。それだけでも仕事がなくなるリスクが減ります。

営業をいつでも忘れない

自営業をしていると営業が疎かになることがよくあります。新規で仕事を受けなくても、仕事が入っているときには特にそうなるでしょう。しかし、仕事は急になくなる可能性があるのです。営業を続けていれば、そのどれかが仕事になる可能性があります。営業を続けていないと仕事がなくなってから仕事を探すことになりかねません。見つからなければ、仕事ができない状態になるのです。すぐにではなくても、できる仕事を確保している人は長く仕事が続けられているのです。

仕事の完成度で次の仕事につなげる

自営業の仕事では一つの仕事が終わったら、取引先との関係が終わることは少ないです。そのため仕事の出来次第で、次の仕事が来るかどうかが決まります。手抜きをしないで完成度の高い仕事をすると、仕事は数珠のようにつながっていくのです。

フランチャイズは元となる企業の加盟店となり経営の仕方や流通、マニュアルなどをそのまま利用できるシステムです。全てを自分で考えて営業するよりも効率よく経営できます。