タクシードライバーになろう!どんな魅力がある?

地元知識を活用できる

タクシードライバーは地域のガイドとしての能力が求められます。担当エリアについての知識が豊富であることが必須ですが、地元知識がある人は積極的に活用することができるのが魅力です。お客に何かを聞かれたときに適切な回答ができると評価が高くなり、会社としての信頼も高めることができます。

勤務時間帯を選ぶことができる

タクシードライバーは勤務先との交渉次第で勤務時間帯を選ぶことが可能です。昼間だけでなく夜間も需要があるのがタクシーの特徴であり、夜を選んで働くと給料が高くなるメリットもあります。ライフスタイルに合わせて好きな時間帯に働けるでしょう。また、夜の勤務の人のためにシャワー室や仮眠室などを用意してくれている会社もあり、福利厚生が充実しているのも魅力です。

人とのコミュニケーションを楽しめる

タクシードライバーをする上で特に魅力が大きいのが、乗客とのコミュニケーションを楽しめることです。道案内をするだけでなく、世間話をしたり、互いの仕事の話を膨らませたりして充実した時間を過ごせることもよくあります。コミュニケーションスキルが高いタクシードライバーは乗客からの評判も良く、ハイヤーとしても重宝されるようになるのが一般的です。

運転が好きなら仕事自体を楽しめる

運転が好きな人はタクシードライバーとして運転をすること自体を楽しめるのが魅力です。街中の数分間の運転ということもないわけではありませんが、市区町村をまたぐような長距離の運転が必要になることもあります。旅行気分を味わいながら仕事ができる場合もあるため、運転好きにとっては天職にもなるでしょう。

会社の役員運転手は社員として一人雇用すれば、年間を通しても費用がだいぶかかるので、派遣が理想的です。